こころ (edited)

kokoro (edited)

 


もし人の感情を、操作できるとしたら、人は救われるのでしょうか。

人類は、進化過程で獲得し、しかし今の社会には未だ最適化できてい ない、原始的あるいは不可解な感情を宿しています。誰かを死に追 いやるほどの極度の怒り、自らを死に追いやるほどの自己否定感。


本作品で来場者は、各感情を司る脳の部位を操作し、特定の感情を 失わせる行為を体験します。

If human emotion can be controlled, will people be saved?

Human beings have primitive or inexplicable emotions that they acquired during the evolutionary process but have not yet been optimized for the present society. Extreme anger that pushes someone to death, self-denial feeling to drive himself to death.

In this work visitors will experience manipulating the parts of the brain responsible for each emotion, causing specific emotions to be acquired / lost.

Is it permissible?

 
 


こころ あらすじ

時は明治末期 ー

「こころ」は、学生である「私」と、彼が「先生」と呼ぶ人物との交 流を描いた物語だ。若い時分から遁世し、世間や人との関係を絶っ て暮らす先生に興味を覚えた私は、足繁く先生のもとへ通う。そして、 懇意になった先生から、先生の遁世や独特の考え方の裏には、遺産 をめぐる叔父の裏切り、親友の自殺といった過去があることを手紙 で知らされる。しかし、先生が過去を綴った長い手紙は、先生が私 宛に残した遺書であり、私が手紙を受け取った時には、先生はすで にこの世の人ではなくなっていた。

そして、時は現代 ー

主人公である「私」は都内の大学に通う大学生だ。 学生寮で、親友の「K」とルームシェアをしている。 彼女たちの共通の友人「彼」をめぐり、3人の関係が変化していく。

 
 

「 来場者(感)想 」

 - こころ(edited) サブ展示作品 - 

来場者の感想から

来場者が失くしたいと選んだ感情に

近しい言葉を、AIが判別し消してしまう

 
 

UI DESIGN AND ENGINEERING

Shimpei Ohsugi

東京大学制作展2018 Extra  こころ(edited) 制作チーム 

大杉慎平 SHIMPEI OHSUGI

東京大学大学院 学際情報学府 総合分析情報学 越塚研究室 博士課程

宮下珠実 TAMAMI MIYASHITA

東京藝術大学 大学院 美術研究科 デザイン専攻 空間・演出研究室 修士課程

沼田俊之 TOSHIYUKI NUMATA

東京大学大学院 学際情報学府 先端表現情報学 廣瀬・谷川・鳴海研究室 修士課程

秦圭矢乃 KAYANO HATA

東京大学大学院 情報学環教育部

関あゆみ AYUMI SEKI

東京大学大学院 情報学環教育部

山田渉 WATARU YAMADA

東京大学大学院 学際情報学府 総合分析情報学 暦本研究室 博士課程

SPECIAL THANKS

Kana Misawa, Taku Ohkubo, Mai Kasai, Noriko Ohsugi

 

​問い合わせ

 

©2017 BY SHIMPEI OHSUGI. PROUDLY CREATED WITH WIX.COM